egタイトはどんな症状に効果があるの?

egタイトlightは便秘や体重を落としたいという方にいま人気の医薬品です。

 

そんなegタイトlightを購入する場合、やはり口コミが一番参考になります。

 

 

このサイトでは、egタイトlightの口コミを詳しく紹介、またegタイトはどんな症状に効果があるのか詳しく調べてみました。

 

 

 

egタイトはどんな症状に効果があるの?

egタイトに使われている成分は「防風通聖散」といわれる18種類の生薬を混ぜ合わせてつくられている漢方薬が使用されています。

 

 

  1. 防風(ボウフウ)
  2. 黄ごん(オウゴン)
  3. 大黄(ダイオウ)
  4. 芒硝(ボウショウ)
  5. 麻黄(マオウ)
  6. 石膏(セッコウ)
  7. 白朮(ビャクジュツ)
  8. 荊芥(ケイガイ)
  9. 連翹(レンギョウ)
  10. 桔梗(キキョウ)
  11. 山梔子(サンシシ)
  12. 芍薬(シャクヤク)
  13. 当帰(トウキ)
  14. 川きゅう(センキュウ)
  15. 薄荷(ハッカ)
  16. 滑石(カッセキ)
  17. 生姜(ショウキョウ)
  18. 甘草(カンゾウ)

 

 

このような成分によってつくられているegタイトは太り気味な人、または便秘症、むくみ症の方に効果がある漢方薬です。

 

どこから見ても健康そうで太っている人、腹はどで〜んと太鼓腹のように出た肥満タイプで、おまけに便秘がちで悩んでいるような人に効果があります。

 

 

 

耐熱を取り去り起因の病気などを取っ払う作用があり、体内の循環作用にも働きかけ、さまざまな通りをよくします。

 

耐熱を取り去る作用があるので、貧血気味の人が使うと危機感さえ覚えてしまう結果にもなりかねません。

 

 

また、神経にも作用するため、自律神経が乱れ寝つきが悪くなるなどの症状も出る可能性もあります。

 

 

egタイトは健康の人が使う薬

つまり、egタイトを使うのであれば、まさしく健康そのものと思える人が便秘で悩んでいる場合。

 

また太っているのに体内が詰まり気味で熱を帯びているような人に特に有効作用するものです。

 

 

反対に、虚弱体質的なひ弱と思える人が使うと、ひどい副作用が出てきますので要注意しなければなりません。

 

 

公式サイトランディングページを見て、体重を落としたい一心でよく把握しないで使うと、落とし穴に落ちる可能性がありますので、公式サイト内の最下部の注意書きを良く確かめて購入するようにしましょう。

 

 

 

egタイトの注意書き

してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下剤)
授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
相談すること
次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
医師の治療を受けている人。
妊婦又は妊娠していると思われる人。
体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
胃腸が弱く下痢しやすい人。
発汗傾向の著しい人。
高齢者。
今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
次の症状のある人。
むくみ、排尿困難
次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、商品を持って医師又は薬剤師又は登録販売者に相談すること

 

 

 

〔関係部位〕
〔症状〕
皮ふ
発疹・発赤・かゆみ
消化器
吐き気・嘔吐・食欲不振・胃部不快感・腹部膨満・はげしい腹痛を伴う下痢・腹痛
精神神経計
めまい
その他
発汗・動悸・むくみ・頭痛

 

 

〔症状の名称〕

 

間質性肺炎
階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがある・息苦しくなる・空せき、発熱等が見られ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
偽アルドステロン症、
ミオパチー
手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
肝機能障害
発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
腸間膜静脈硬化症
長期服用により、腹痛、下痢、便秘、腹部膨張等が繰り返しあらわれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ