egタイト ライトとピュアの違いについて解説!

egタイトライトは便秘や体重を落としたいという方に人気のサプリです。

 

しかしそんなegタイトライトですが、egタイトピュアという同じような商品があるのをあなたはご存知でしたか?

 

 

このページでは、似ている2つのegタイトライトとピュアの違いについて解説しています。

 

 

 

egタイトライトとピュアの違いはどこ?

まず最初に、egタイト イトとegタイトピュアは、同じ会社が販売している商品です。

 

会社は、漢方生薬研究所というところです。

 

 

漢方生薬研究所とは、漢方を扱っている会社ですが、漢方は中国発祥の伝統医学です。

 

日本に伝わってきたのは5世紀ごろになりますが、日本の風土に偏してきたものが今の漢方です。

 

 

しかし、もともとの考え方はほとんど同じですが、今では飲んでも副作用が出にくく日本人の身体に合ってつくられているようです。

 

 

漢方薬は、一つ一つの生薬を症状や病状に合わせて混ぜてつくられているのが一般的です。

 

 

 

egタイトライトとegタイトピュアもそのようにして作られた漢方です。

 

 

egタイトライトとは

egタイトライトの主成分になる漢方は「防風通聖散」という18種類からなる漢方薬です。

 

特徴としては、おもに太鼓腹と呼ばれている部分に効果を表す成分内容になっています。次にむくみ症状の軽減作用、便秘や吹き出物などに作用して症状の軽減を図った漢方といえます。

 

15歳以上方は飲めますが、それ以下の方は飲めない薬です。

 

 

どのような人が飲んだらいいのかというと、

 

  • 太り過ぎてきたと感じている人
  • 太鼓腹が気になっている方
  • 太り気味で便秘に悩んでいる方
  • むくみが気になっている方
  • 日頃から吹き出物が気になっている人

 

このような症状が出てきている人たちに向いている漢方薬です。

 

 

 

egタイトライトが合わない人

漢方は副作用が出る場合があるため、取り扱いには十分気を付ける必要があると思います。

 

egタイトライトには、下痢を誘発させる生薬も含まれています。そのため、他の下剤との併用は避けなければなりません。

 

他の薬を飲んでいる場合も、egタイトライトは飲まないようにしなければなりません。

 

 

 

授乳中の女性は飲んではいけません。母乳から強い生薬の成分が出て乳児の体内に入る恐れがあるからです。

 

妊娠している、妊娠の可能性がある人なども同様の考えです。生薬成分には乳児に対しては毒に相当するため危険が伴ってきます。

 

 

egタイトライトを飲む場合の理想は、極力医師の診断を受けるほうが良いと思います。

 

また、もうすでに通院している人で、何らかの薬を飲んでいる場合も、併用して飲むことは避けなければなりません。

 

 

虚弱体質の方がegタイトライトを飲むと、かならず下痢になると思います。

 

虚弱体質とは、通常胃腸が弱い方です。消化器官が弱いとegタイトライトに含まれている成分が強すぎて拒否反応を起こす場合がほとんどなので、合わないという理由があります。

 

 

発汗作用が強い方も合っていないと思います。精神的に極度の緊張などから手のひらや脇の下、背中、頭部に汗をかく人のことです。

 

高齢者の方も、免疫力が下がっていることが往々にしてあるため、使用しないほうが良いです。

 

薬に対して拒否反応が出た方も使用しないほうが良いです。

 

 

心臓病の疑いのある方、高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害などの症状がある人も飲めません。

 

 

とにかく、症状を上げるときりがありませんが、身体が弱いと思う方は、egタイトライトであっても他の製品でも漢方の摂取は避けた方が無難です。

 

 

egタイトライトが合う人

漢方薬でつくられたegタイトライトを飲んで効果が出てくる人は、健康であるということが条件でもあると思います。

 

つまり、健康的で病気を発症している人などです。

 

俗にいう、健康がゆえに太っている人のことです。

 

 

また、短期使用はさほど心配ないといわれていますが、長期服用する場合は医師の診断が必要と思われることも念頭に入れておいてくださいね。

 

 

 

egタイトピュアの特徴

egタイトピュアも主成分に使われている漢方は防風通聖散です。

 

注意する内容などは、上記に示したようにほとんどおなじ条件です。

 

 

しかし、おなじ防風通聖散でも内容量や使われている生薬の種類がすこし違っている部分があります。

 

 

egタイトピュアの特徴はほとんど同じですが、egタイトライトは、15歳以下の方は飲めませんでしたが、egタイトピュアは5歳以上であれば飲めるという薬になっています。

 

  • 15歳以上=1回5錠
  • 7歳から15歳未満=1回3錠
  • 5歳から7歳未満=1回2錠

 

 

そして、含まれている成分の種類も違うものがあります。

 

その違いを下記に示しておきます。

 

 

egタイトライト egタイトピュア
キキョウ‥1.00g キキョウ‥1.33g
カンゾウ‥1.00g カンゾウ‥1.33g
セッコウ‥1.00g セッコウ‥1.33g
トウキ‥0.60g トウキ‥0.80g
センキュウ‥0.60g センキュウ‥0.80g
レンギョウ‥0.60g レンギョウ‥0.80g
ケイガイ‥0.60g ケイガイ‥0.80g
マオウ‥0.60g マオウ‥0.80g
カッセキ‥1.50g カッセキ‥2.00g
ビャクジュツ‥1.00g ビャクジュツ‥1.33g
オウゴン‥1.00g オウゴン‥1.33g
ダイオウ‥0.75g ダイオウ‥1.00g
シャクヤク‥0.60g シャクヤク‥0.80g
サンシシ‥0.60g サンシシ‥0.80g
ハッカ‥0.60g ハッカ‥0.80g
ボウフウ‥0.60g ボウフウ‥0.80g
ショウキョウ‥0.20g ショウキョウ‥0.27g
ボウショウ‥0.75g 硫酸ナトリウム‥1.00g
12錠〔大人1日服用量〕中 防風通聖散エキス(1/2量) 2.50gを含んでいます。 15錠中 次の成分及び分量からなる防風通聖散エキス末(2/3量)2.03gを含んでいます。
添加物として、セルロース、炭酸Ca、酸化チタン、メタケイ酸アルミン酸Mg、クロスCMC-Na、ステアリン酸Mgを含有します。 添加物として、乳糖、バレイショデンプン、カルメロースCa、ステアリン酸Mgを含有します。

 

 

egタイトライトとegタイトピュアの違いはこのようになっていますが、egタイトライトはより成人向きの方用につくられた傾向がある漢方薬と思えます。

 

つまり、成人の方で脂肪分が気になっている方に特に作用するのではないでしょうか?

 

 

また、egタイトピュアの方は、5歳までなら使用できるというちょっと成分的に見ても強くなく優しい傾向にある漢方薬と思えます。

 

そういった意味からも、egタイトピュアは穏やかに作用するのではと思えますが、その一方での効き目に対しても穏やかという結果になるのかなとも思えます。

 

 

自分の症状の用途に合わせた使い方をしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ