防已黄耆湯を扱うクラシエとツムラの違いについて!

防已黄耆湯を扱う企業「クラシエ」と「ツムラ」の2社を比較してみました。

 

クラシエが扱う已黄耆湯とツムラが販売する防已黄耆湯とでは、含まれる個々の成分の種類や配合量は違います。

 

同じ防已黄耆湯なのになぜ企業によって違うのか、その理由は?防已黄耆湯の特徴を企業ごとでオリジナリティを生かさなければ高い売り上げに繋がらないため他社との違いをハッキリ出すことによって優位性を得るためにおこなう企業の作戦合戦でもあります。

 

 

 

 

クラシエとツムラを表で比較

では、クラシエとツムラが扱う防已黄耆湯の成分による違いを表に表してみましたので、参考にしてください。↓

 

成分名 クラシエ ツムラ
ボウイ 5.0g 2.5g
オウギ 5.0g 2.5g
ビャクジュツ 3.0g なし
タイソウ 3.0g 1.5g
ソウジュツ なし 1.5g
カンゾウ 1.5g 0.75g
ショウキョウ 1.0g 0.5g

 

 

成分的に見ると、クラシエの防已黄耆湯が配合量がどの成分を見ても多く配合されていますよね。ただし、クラシエにはない成分がツムラの防已黄耆湯には含まれているようです。

 

ですが、ツムラに含まれていない成分がクラシエに含まれているという、両者一進一退の攻防を繰り返している様子です。

 

 

ではここで、個々の成分について記述してみました。

 

 

ボウイ

 

 

 

オウギ

 

 

 

ビャクジュツ

 

 

 

タイソウ

 

 

 

ソウジュツ

 

 

 

カンゾウ

 

 

 

ショウキョウ

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ